奨学金返済のため、派遣OLの私が中目黒のニュークラブでバイトを

意気揚々と大学に入ったものの、結局いい就職先が見つからなくて、派遣OLで毎日つつましく暮らしていた私ですが、奨学金の返済がすごく負担に感じるようになったんです。こんな思いをして大学に入って、いったい何を学んだのかと悔しくなりました。とにかく、この奨学金を返し終わるまで生活が楽になることはないんだからと自分に言い聞かせて、ナイトワークの道を選んだんです。

私が選んだのは中目黒のニュークラブでのバイトでした。単純に、高収入という文字を中目黒ニュークラブ求人情報で読んだことが理由だったんですが、でもそれで正解でした。思っていたよりもずっと女性のことを考えた職場だったんです。当然、ナイトワークの主役はそこで働く女の子ですよね。

ですから、お店の男性スタッフは女の子が居心地の良い空間を作ってくれるんです。それで初めて、お客様を迎え入れるという環境なんです。中目黒の私がバイトしているニュークラブは特に女の子を大事にしてくれますね。そういう状況なので、奨学金の返済という理由以上にやる気が出ますし、もっと接客が上手になりたいという気持ちが沸いてきました。

本業の派遣OLは、派遣というだけで正社員と差をつけられているのが見え見えだったので、ニュークラブでのバイトの方がよっぽど楽しいし、自分をさらけ出すことができるんです。それに、高収入のおかげで返済のお金がすぐに貯まったのも嬉しかったですね。もしも、お金が欲しくて求人に応募するなら、中目黒のニュークラブが絶対いいですよ。